家具

ワンランク上のインテリア

テーブルやソファ、椅子など、様々なオーダー家具が販売されています。デザイン性や素材も優れており、長期間美しい状態で使い続ける事が出来ます。また、注文後不具合があれば保証にも対応しているので安心して注文できます。

装飾性の高いものが人気

カーテン

様々な素材が使われている

カーテンを吊るすためのカーテンレールはアルミやプラスチックでできたシンプルなものを思い浮かべる人が多いですが、最近ではデザイン性の高い装飾性カーテンレールの人気が高まっています。ショールームを持っているようなメーカーだけでなく、ホームセンターでの品揃えとしても、デザイン性の高い装飾性カーテンレールが増えています。この種類のカーテンレールを選ぶとインテリアの一部となることから部屋の雰囲気をがらっと変えることができ、シックなイメージにも華やかなイメージにもすることができます。こだわりのメーカーでオーダーするのもいいですし、ホームセンターでリーズブルに購入するのもいいでしょう。自分に合った方法でカーテンレールを使いインテリアを楽しみましょう。カーテンレールはカーテンを閉めている時には見えなくなると思いがちですが、装飾性カーテンレールはカーテンを閉めたときにもインテリアとして見えるようになっています。木製のものが多いけれど、スチール製のものや真鍮製のものや樹脂製のものなど様々な素材が使われていて、部屋の印象に合わせて素材を選ぶことが可能です。特にぬくもりを感じる木目調のカーテンレールは最近多いフローリングの洋室に相性のよいカーテンレールになっています。装飾性カーテンレールはレールにカーテンを吊るすのに輪っかを使うことが多いため、レースカーテンを吊るすことができないと感じる人が多いけれどもそのようなシングルタイプのものもありますが、装飾性カーテンレールにもレースカーテンと遮光性カーテンの2枚を吊るすことができるダブルタイプのものもあります。もともと装飾性カーテンレールはレールの左右に装飾が施されていたり、金属製ではレール自体の重さもあるため、設置する場所の強度をしっかり確認するようにしてください。

ウーマン

注文するときの注意点

住宅を新築したときには自分でカーテンやカーテンレールを取り付けようとすると大きな失敗となることが多いので、専門業者に取り付けを依頼するようにしましょう。カーテンの長さだけでなく、カーテンレールの取り付け位置の上下で短すぎたり、余分に引きずることになることもあります。

部屋

理想のインテリア

素敵な部屋に住みたいと思っているけど、なかなか自分の部屋にあった家具が見つからない人にお勧めしたいオーダー家具です。オーダー家具は、1センチメートル単位から幅や高さが変えられるので、自分の部屋にぴったりの家具を注文することができます。

カーテン

選ぶ時のポイント

カーテンレールを選ぶ時には機能性を重視するのか、装飾性を重視するのかをしっかり決めておくようにしましょう。機能性を重視する時には開け閉めのしやすさや耐久性を重視します。装飾性を重視する時には木製か金属製かといった素材も含めてたくさんの種類からじっくりと選ぶようにしてください。

ソファ

既成品よりも値段は高め

既成品には良い品が見つからないという場合には、オーダーしてしまいましょう。特にオーダー家具が人気です。家具は統一したいという人もいることでしょう。こだわり条件がある人にオーダー家具はおすすめですが、値段は高めとなります。